RSS|archives|admin

強い弱いの議論に関して

2015.10.17 Sat
前置き

先日某所で
「カイリキーは強いか弱いか」
という議論で盛り上がりました。
ちなみに俺は強い派で「使いどころによっては十分強い」と考えます。
強い派の人は対カビゴン性能や絶妙な受け役割を理由に挙げ、「弱いけど強い」という感じで、
一方の弱い派の考えには「ガチで使うことは無いから弱い」というようなニュアンスの意見も見られました。

この時点で考え方に違いが生じています。
「強い」「弱い」のラインに差があり、このままでは議論がいつまでたっても終わりません。
まあ面白い話題なので双方にネタ感があったせいかもしれませんが、、、

で、また別の場所でこの話になった時に
「○○って強いのライン低いよね、なんで?」
という話題になりました。

そこで俺もついでに考えたところ以下のようになりました。
「こういう考えの奴もいるんだな」ということを頭の片隅に置いていただくと議論の進展に繋がるかもしれません。




以下キモいので注意



注意:俺は特別勉強をした訳ではなく、下記はいままで見聞きしたことを元にした独自解釈が多分に含まれていることをご承知おき下さい



本題
俺は神道を信仰しています。住んでいる土地や東方趣味の関係で割と真面目に取り組んでいます。
神様というものは便利で個人的には「良い行いをするための指標」として考えています。

日本の神様はやたらいっぱいいて、どうもそこらじゅうの山、川、岩、木、家、モノ、動物、気象現象等様々な物事にいるようです。
天照大神のような超偉い神様から「この土地の神様」レベルまでその性質や後利益もさまざまです。
しかし、人々はあまり偉くない神様もないがしろにすることはありません。
古く苔むしたほこらを捨てたり鳥居の描かれた壁に立小便をしたりするとバチが当たると思っています。

このように様々な物事をありがたがっているキチガイなのでそのうち新たな境地にたどり着きます。

「ポケモンも大事にしよう」

はい、ポケモンは空想上の存在であることは承知の上です。
この場合は神様というよりも「アニミズム」と呼ばれるものに近いかもしれません。
「愛着」が沸くという言い方でもよさそうです。
いずれにせよ俺はポケモンを尊重し、ぞんざいに扱うことは失礼に当たるような気がするのです。

極端に言えば環境を構成する251匹全てを考慮した構築を組み、立ち回りをしたいと考えています。
が、現実問題なかなかそうもいきません。(割と頭悪いし・・・
そのため、いつもはある程度のところまで絞って考えるのですが、個別に考察する際にはそのポケモンが出来ることを一生懸命考えることで自分の中に落としこんでいます。


ということで、こんな感じに何にでもワンチャン見出してしまう奴なのでそのうち「コイキングつえー」とか言い出すかもしれませんが、その時は「ああこういう考えで言ってるんだな。奇特な人・・・」とでも思ってください。
スポンサーサイト
Category:雑記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<深海王 | HOME | お城のコマンドメモ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://1579.blog63.fc2.com/tb.php/441-fbb37bf5